リサイクル料金はどう?返してもらう!

「リサイクル料金」と聞いて、既に車購入時に支払っていることを忘れてしまっている人も多いですね。それもそのはずで、車を購入時に支払うと、その後手放す時まで何も役に立たないし、毎年払うなどの追加費用や提出物などもないからです。しかし車を手放す際には大きく関係してきます。知らないと損をしてしまうこともあるかも。

 

リサイクル料金やリサイクル券とは?

リサイクル料金というのは、2005年に施行された自動車リサイクル法によるものです。「車のリサイクルって何をするの?」と思う方も多いのですが、車を廃車や解体するときのエアコンのフロンガスやエアバック、シュレッダーダストなどの処理費用を車を所有する人が負担するというものなのです。これによって不法投棄や埋め立てなどの横行を防ぐ目的もあります。リサイクルする費用のことを「リサイクル料金」といい、支払った証明書を「リサイクル券」といいます。

 

リサイクル料金はいつ払うのか?

リサイクル料金は車の所有者が支払うことになっています。つまり、新車で車を購入した人は必ず払っているわけです。リサイクル料金を支払っていない車は車検を通らないので、車検を通るということは所有者としてリサイクル券を持っているということにもなります。リサイクル料金は一律ではなく、メーカーや車種によって違いがあります。およそ8000~20000円。車を購入する時には支払い、売却時には戻ってくるということになります。新車で購入した人が費用を支払うだけでなく、その時の所有者がリサイクル料金を支払ってリサイクル券を受け継いでいくわけです。

いつか来るその車の廃車の時にかかる費用である処分費用の前払いになります。

 

買取額にリサイクル料金が含まれる!?

買取業者に車を売却すると、購入時に支払っていたリサイクル料が戻ってくるはずになっています。戻ってくるというよりも、次の買い手にリサイクル料金込みで売却するという理屈になりますね。ところが、このリサイクル料金を込みで買い取り価格を提示する買取業者もいるので「この業者は買取価格が高い!」と勘違いしてしまうことがあります。数社査定額を提示してもらうことは高く車を売るコツですが、比較のためにも純粋な買取額とリサイクル料金は別表示をしてもらいましょう。

 

リサイクル料金が帰ってこない?!

車を売却すればリサイクル券が売却相手に移るため、リサイクル料金が自分に戻ってきます。ところが、なぜか戻ってこない場合があります。これは売却のための査定見積もりなどにリサイクル料金が含まれている場合です。もちろん別途支払いしてくれるところもありますが「相手はリサイクル料金が戻ってくるとは知らないだろう」と見られると、いかにも査定を高くしたようなフリをして、そこにリサイクル料金まで含ませる業者がいます。ここらへんは、誰も丁寧に教えてくれたりしないので、自分で知識を得て、買取業者に「リサイクル券の金額は別でお願いします」と言って、そこから売却のための比較スタートです。