クルマを売る時に必要な書類

車を売る際には「はい車」「はい代金」というわけにはいきません。様々な書類が必要となるので、車を売却しようと決めたらまずは必要書類が揃えられるかということを確認しましょう。無くしてしまった書類があったら、再発行するなどの手続きが必要ですし、平日でなければ取得できないものもありますから、事前に見ておきましょう。

 

必要な書類1車検証

車検証は常時車内に携帯しておくことになっているので、ダッシュボードなどに仕舞っている方や、座席の下の収納に入れていたりしますね。車検証は自分の車の情報が書かれている大切なもので、車検の折などは必須なものです。引越し・結婚離婚などの際には住所変更や氏名変更をしっかりしておきましょう。大切なものですが、普段は使用しないためにいつの間にか紛失してしまう方も。運輸支局で再発行の手続きをしておきましょう。

 

必要な書類2自動車納税証明書

自動車納税証明書とは、毎年5月に届く自動車税の納税証明書です。車検の際には必須になりますが、売却時にも必須書類です。売却時には買取の相手に渡すので、もしも紛失してしまったら運輸支局または都道府県税事務所で再発行します。ちなみに、軽自動車は市区役所になります。

 

必要書類3自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は、車を所有する誰もが加入する強制保険である自賠責保険の保険料納付の証明です。車検毎に更新されますから、車検証と一緒に保管していることが多いはずです。「車検証がない!」なんてことになると、もしかして自賠責保険の証明書も一緒に紛失している可能性が高いです。紛失したら保険会社で再発行してもらいましょう。これがなかったり、期限が切れていたりすると売却できないので注意しましょう。

 

必要書類4譲渡証明書

譲渡証明書とは「車を譲渡する」ということを証明する書類になります。委任状と同じく実印を押すので、この書類作成前には必ず印鑑証明も作っておきましょう。譲渡証明書の用紙は買取店などで用意してもらえます。

 

必要書類5委任状

「委任状」は必須書類ではありません。買取業者に車を売る際に手続き代行を「委任」するものなので、もしも手続きを全て自分で行えるのならば不要というわけです。もっとも通常は平日お仕事などがあったりして動けない人も多く、名義変更などの手続きを業者に委任することになります。書類には実印が必要ですから、印鑑証明を用意しましょう。委任状の用紙は買取店などで用意してもらえます。

 

必要書類6リサイクル券

「リサイクル券」というのは自動車リサイクルシステムで発行されるものです。最初に車を購入した人がリサイクル料を自動車リサイクル促進センターに支払います。しかし廃車まで乗り切らない場合は、その後次の所有者にリサイクル券が移るためにリサイクル料を受け取ることができます。大抵が車検証と一緒に保管していることが多いのですが、無くしてしまった場合は自動車リサイクルシステムホームページにて預託状況をプリントアウトするとリサイクル券の代替に使えます。

 

必要書類7実印と印鑑証明

車の売買は金額も大きいですし重要なので「実印」が必要です。これが「実印」として証明されるためには、市区町村に印鑑を実印として登録することになります。「実印として登録してあります」という「証明」が「印鑑証明書」ということになります。委任状や譲渡証明書などには実印が必要になるので、これを証明する印鑑証明書も必要になるわけです。発行されたものは3ヶ月以内が有効です。

 

必要書類8住民票

住民票は車検証の住所と現在の住所が異なる場合に必要になる書類です。また、印鑑証明を登録している住所が違う場合も必要です。引越しの際にきちんと住所変更を車検証にもしておけば要らないものなので、住所変更は引越しの際に行っておきたいですね。。

 

必要書類9戸籍謄本

何度も引越ししているのに車検証の住所変更をしていないと、住民票では確認できなくなります。そこで車検証との照合のために戸籍謄本が必要になります。また、結婚や離婚をした場合に車検証の氏名変更をしていないと、売却時に戸籍謄本が必要になります。やはり変更は速やかに手続きしておきたいですね。戸籍謄本は本籍地の役所で取得することができます。