自動車税と4月1日時点の登録

自動車税と4月1日という日付、これには車を売却する人にとって重大な意味があります。また、それと同時に車の所有者が誰であるかも関わってきます。「税金なら一年分まとめて払ったから大丈夫!」と思っていると損をしてしまいますよ。税金を払ってから次の税金までの一年の間に車を売却した場合、残りの月数分税金が戻ってくるからです。では、4月1日はそこにどう絡んでくるのでしょうか。

 

自動車税とは?

まず、自動車税というものについて知っておきましょう。自動車税は「自動車」にかかる税金です。自動車の所有者が支払うものなので、自動車が所有者を変更した場合は次の所有者が支払うことになります。納付書が送付されてきますが、送付先は「その年度の4月1日に自動車を所有していた人」です。

 

自動車税の払い方と通知書の保管

毎年4月1日に送られてくる「自動車税納税通知書」。これで自動車税を納付します。納付するだけの紙切れではありません。これは「自動車税をきちんと納付しました」という証明になり、次の車検を受けるために必要な書類になります。納付から車検まで間が開くと無くしてしまう方もいらっしゃいます。無くしたら自動車を登録している都道府県税事務所に問い合わせましょう。

支払い方は県税事務所や自動車税管理事務所でも支払いできますが、身近なところで手軽に銀行郵便局などの取扱金融機関やコンビニでも支払い可能です。他に現金書留や口座振替もあります。ちなみに、この納付書は運輸支局に登録した住所に送られてきますから、引越ししたときなどは新しい住所に納税通知書を送ってもらう手続きが必要になります。手続きはいつでも・・・というわけではなく、引越し後15日以内になります。陸運支局などに印鑑や車検証、車庫証明や住民票などを持っていきましょう。

 

車を売却した後に自動車税の請求がくる?

「車を売却したはずなのに、後で自動車税の請求がきた!」と慌ててしまうケースがあります。翌年一年分の納付書が送られてくれば「払わなければいけないの?」と困ってしまうのは当たり前です。これは車売却後の名義変更に時間がかかっている場合が多く、3月から4月をまたいでしまったという場合におこります。自動車税が4月1日時点の所有者に納付書を送ってくるためですね。「でも、売ったからもう関係ない!」と放置しておくと延滞金がつきますが、売却したのに慌てて払ってしまうのも得策ではありません。売却したのならば、自動車税の納付義務はないからです。買取の相手に払うよう知らせたりする必要があります。