下取りと買取の違いを比較

車を処分するという選択肢のうち、「売却」という方法の中で「下取り」と「買取」というものがあります。車を売って現金や資金を得るという点では同じなのですが、方法も得るものも違ってきます。その違いをしっかり知ることで得したり損したりするところなので、基本的な知識はぜひ押えておきたいですね。また、損得だけでなく、車を売却した際の生活のニーズに対応するためにも知識は必要なのです。

 

下取りは買い替え時がスムーズに

車を乗り換えようという理由は色々で、現在の車が古くなったり、家族のニーズに合わなくなってしまったりなどあります。そういった買い替えの場合には、車の売却は新しく車を購入するディーラーに査定してもらい「下取り」してもらうことが一番面倒がなくてスムーズです。また「下取り」した金額は新しい車の資金になるので、その分現金の持ち出しやローンが減って支払いが助かります。それに、新しい車が来るまでそれまでの車に乗っていられるので、新しい車と次の車の間のブランクがありません。

しかし査定の部分では要注意で、一応各販売会社で価格設定はしているものの、社外品パーツなどが付いていても期待できないことがあります。次の車の販売価格との調整も加味されてしまって、期待通りの査定が得られないこともあります。新車ではなく中古車を中古車専門店で購入し、その際に下取りした時には「買取」と同じような考え方でよいでしょう。ただ、ネットワークが狭い小規模店と大型買取専門チェーンが提携しているのとでは買取価格に違いが出てきます。

 

買取は価格に期待できる?!

「買取」とは、単純に言えば現在乗っている車を売って現金にすることです。その売った資金で新しい車を買うことも、他のことに使うこともできます。買取価格は業者間のオークション相場が元になります。というのは、もちろん買い取った車を業者が売ることを目的にしているからです。できれば全国規模の相場情報を持っている業者が、より高い買取価格の査定を期待できるでしょう。買取の場合はディーラーの下取りとは違い、社外品の部品も評価の対象になります。エアロを履かせていたり、アルミホイールやカーナビなどもプラスに転じることになるかもしれません。愛車にお金をかけてきた方には、かけた甲斐があったというところでしょう。

「下取り」と違ったデメリットは、新しい車を購入する目的で「買取」業者に売った場合です。新しいディーラーと買取業者の間に繋がりがないため、買取業者は車を持っていってしまうし、ディーラーは新車が人気である場合納車が遅れてしまったりすることがあります。その間が半日や一日であればまだ良いのですが、新車の納車が一ヶ月待ちなどになると自分の足がなくなってしまいます。公共交通機関で間に合わせられるのならばまだしも、代車を借りたりするとその費用が馬鹿にならないでしょう。