買取サイトの便利な使い方

買取サイトはどのような業者

今や何でもインターネットで情報も商品も手に入れられるとあって、もちろんクルマも例外ではありません。クルマの買取というと、買取店などを日々回りながら見積もりを集めて比較してという地道な努力が高額買取への近道になります。しかし、忙しい方などは買取店をたくさん見て周り、話を聞き、見積もりを取るのは大変です。仕事を休んでまで行かなければならないと、困ってしまう方も。そこで、買取サイトがとても重宝するのです。代表的なところではアップル・ガリバー・T-UPなどです。これらはどのような仕組みで、どのような流れでクルマを買い取るまでに至るのでしょうか。名前が先行していますが、どのような業者なのでしょうか。

 

中古車買取サイトの仕組みとシステム

中古車の買取の仕組みというのは大まかにいえば二通りでしょう。買い取り専門店へ買い取りに出すことと、新車中古車販売店で下取りに出すということです。その先は自動車オークションへ出品し、中古車販売店へ購入された後に車が欲しいという人に渡ります。その他に、買取・下取りとも扱い、そのまま販売ルートに乗せるという方法もあります。後者のほうが中間マージンが発生しないのでお得な価格で販売することができます。

この方法を双方利用して、中古車買取サイトは在庫リスク展示リスクを減らしています。サイトで確実に売れる車を在庫として確保し、買取から一定期間売れない場合オークションという方法をとります。

 

買取サイト・アップルの場合

手軽に気軽に利用できるのが買取サイト・アップルです。車検証などを用意してパソコン画面の前に座って、まずは郵便番号でエリア確認をします。査定フォームに車検証の情報を入力して基本は終わり。具体的な見積もりはアップルのアドバイザーが実車査定します。アップルは、この買取したクルマをデータベースにして6000を超える小売業者に後悔します。季節や相場など考慮して国内外のどこで高値で売れると判断することができ、オークションに出されたり、輸出されたりします。在庫を多く持たずに、幅の広い車種を用意できることが強みです。

 

買取サイト・ガリバーの場合

ガリバーは中古車販売としては史上初の最長10年保証プランを打ち出したところです。よく売れる、人気があるということは、在庫を多く持つ必要がなく回転が速いということになります。直営店を多く持ち、フランチャイズビジネスに展開したことで成功しています。フランチャイズといっても、査定は本部が一括して行い、加盟店によってバラバラの価格という不安がありません。全国で約460店舗有り気軽に立ち寄れる地域密着型です。

ガリバーは買取してから約2週間以内には再販やオークションで売却するので在庫・展示コストが抑えられるというシステムです。実際の買取の際には、ネット査定をした後、概算でしか分らない部分を明確にするための実車査定依頼の電話がかかってくるだけのようです。

 

T-UPの場合

T-UPも車買取業者としては人気があります。残念なところはトヨタ直営のためにトヨタユーザーにはおススメですが、その他はイマイチという声もあります。つまり、トヨタ車なら高額査定がのぞめるのに、他ではゼロ査定が出る可能性があるということです。一瞬「下取り?」と疑ってしまいそうですが、トヨタ車の方には見逃せないサイトです。