個人売買の注意点

車の売却方法は色々ありますが「個人売買」もその一つです。買い取り業者やディーラーの下取り、オークション代行業者などを通さずに、自分で売却するということです。自分で売却するということは、どうしたらよいのか分らないというのが先にきますが、最近はヤフオクなどで普通に出品したりすることを考えると、そう特殊なことではないかもしれません。むしろ、多くの人の手数料を考えると「自分で売れば余計なマージンはかからない!」となりますよね。

 

個人売買のメリット

本来中古車を買取店などで売る場合は、買取店やオークション会場・販売店などの中間コストがかかります。その分自分の手間をかけることで個人売買は高い価格を手にすることができます。買い取る側からすると事業ではないので消費税も要らないため、必要最低限の費用で済むかもしれません。さらに、下取りなどでは評価されない自慢のカスタマイズも、車好きで趣向が合えば高い評価と価格が得られる可能性があります。また、馴染みあるサイトなどを使用して売買できることも、気軽に利用しやすいメリットでしょう。

 

個人売買のデメリット

個人で売買するということは、色々な手続き等も個人ですることになります。代行を頼むとそれだけ費用がかかることになり、個人で売る醍醐味が薄れてしまいます。しかし陸運局や警察署への書類や、車の名義変更、車庫証明・・など書類だけでも結構な手間です。平日に仕事の休暇が取れない方などはあまり向かない方法かもしれません。

さらに、普通の商品の個人売買もトラブルが多いのですが、車は高額で書類上のこともありトラブルになると大変です。売買の双方ともきっちりとした契約書を作成して契約事項を曖昧にしないことがコツです。トラブルは当人間で解決するしかありませんから、慎重さが必要です。

デメリットの中には「そういえばそうだった!」というようなことも含まれています。というのは、車はよく高額なのでローンを組んだりしますが、個人売買は自動車ローンやマイカーローンなどが組めません。現金売買が中心なので、さらに間に入る機関がないといえます。

 

個人売買はメリットデメリットどちらが軍配?

手間が嫌だとか、トラブルはごめんだという方には、断然個人売買はおススメできません。オークションなどで楽しみながら最高の価格に挑戦したいという方や、買取店や下取り店では高額買取が望めない場合は個人売買に軍配でしょう。が、実際オークションなどに出品してみたら買取店より価格が低いということもあります。個人売買にする前に自分の車の価値を調べておくことも必要なのです。また、見知らぬ相手と交渉するわけですから、相手を100%信用することができません。お互いが誠意を持って対処していても、どちらかが損をしてしまい結果トラブルということもあります。対策は必須なのです。個人売買には最近はヤフーオークションなども使用されているようですが、もっとオークションも整備されていくと出品しやすくなったり、トラブルも減ってくるかもしれませんね。