オークション代行の特徴や注意点

車を売却する方法の中で、オークションへ出品するという方法があります。これはヤフーオークションなどとは違い、車の専門のオークションでその会員や資格をもっているということが条件になります。一般の人はそこに参加することができませんが、代理を送り込んで売却することができます。これが「オークション代行業」ということになります。さて、もう少しオークションとその代行業についてや、オークション代行に依頼すると発生するメリットやデメリットについて考えてみましょう。

 

中古車オークションとオークション代行とは?

オークション代行といっても、普通のオークションを代行してくれるわけではありません。中古車オークションの会場で、業者間専門取引場所に自分の代わりに行ってくれることです。また、専門のサイトなどでアカウントなどを取っています。依頼する方としては、個人情報を出品元へ知らせずに購入できる方法で、手間もありません。

そもそも中古車オークションとは、出品車両をプロの検査員が事故歴の有無やキズの場所、車の状態などをチェックして取引されます。それらのデータが記載された出品表を見たりしてオークションは進みます。数店舗を回って査定を受けるようなものではないので楽ですね。

 

オークション代行のメリット

オークションを代行してくれるなら、最大のメリットは「楽」ということだと思うと、実は最大のメリットは「買取店より高く売れる」という点だったりします。中古車買取店の多くはオークションに出品して利益をだしていることを考えると、中間マージンが少ない分高い価格が得られるのです。もちろん自分で動く代わりに出品から発送まで代行してくれる代行業は楽チンなサービスですね。車の写真を撮影したり、出品文章を書いたり、入札状況の確認や質問対応、落札後の入金や発送、評価の付け合い・・・・・と様々な過程を考えてしまうと、これは代行業行きだと思ってしまいますね。オークション自体も信用があり慣れたテクニックのある代行業者ならば、商品を良く見せる技術などにしても例え素人が出たとしてもずっと高い価格を期待できるでしょう。また、クレームなども出品者に直接来ることがありません。

 

オークション代行のデメリット

オークション代行はメリットを読んでいるとデメリットなどないのでは?と思えてきます。しかしそれなら、買取業者など要らず全てオークション代行にしてしまえばよいのです。が、買取業者が存在するのはその意義があるからです。オークション代行を利用すると、どうしても手数料がかかります。この手数料よりも車の価値が下だと、マイナスにはなりませんが0円という結果になってしまったりします。これを防ぐためには、事前にその車がどの程度の価値なのかをザックリでよいので把握しておく必要があります。安いものをオークション代行に依頼すると、手数料で丸損ということに。場合によっては買取業者の方が高い価格になってしまったりします。

 

オークション代行に依頼する場合の手間は?

よく買取業者よりもディーラー下取りのほうが手間がないといいます。では、オークション代行と買取業者ではどちらが手間がないでしょうか。車の売却において、やはり手間というのは憂鬱なものです。イメージ的にはオークション「代行」とあるので、手間はないのではないかと思いますよね。しかし表向きには個人情報は出ないものの、オークション代行業者には個人情報や商品情報を書き込んだ「オークション出品委託申込書」を用意しなければなりません。アピールポイントなどを書かねばならないと、筆が進まない方などは困ってしまうかもしれません。ということを考慮すると、買取のほうが手間がない?と思えることもあります。自分の車がオークションで本当に売れるのか心配な場合は、オークション代行業者にその旨を伝えて相談してみましょう。