買い取り業者の特徴や注意点

「車買取業者の方が高く買ってもらえる!」と飛びついてしまうと買取詐欺業者に引っかかってしまったりする方もいらっしゃいます。やはり買取査定などの基礎知識は用意してのぞみたいところなのです。もちろんアップルやガリバーなど売り方専門業者などは大手で安心感がありますが、なるべく高く買って欲しいところですからその特徴や注意点は把握しておきましょう。

 

買取業者と話す前に

自分の車はいったいどれくらいの価値があるのだろう?という疑問を持ったまま買取業者と話すと、安い価格を言われても「そんなに低くなってしまうものなのか」と納得してしまいがちです。買取業者も色々理由をつけてきますから、知識がないと反論ができません。そこで、多くの見積もりや査定を受けてみることや、その査定理由などを知ることで買取業者と有利に話を進めることができます。ネットでも一括査定などあるので、参考にできるでしょう。

 

車の査定で多いトラブルに注意

「さぁ車を売ろう!」と張り切ってみたものの、一番トラブルになっているのは実はまだローンが終わっていなかったという点です。ローンが払い終わっていなくても、車の名義が自分であれば良いのですが、大抵はローン会社になっています。つまり、自分の車ではない車は自分では売れないのです。買取業者に売る予定なるならば、名義変更をまず考えます。もちろんローンがある場合でも買取してくれるサービスが買取業者にはあります。査定の価格がローンの残りよりも多い場合は差し引きして名義変更をしてくれます。逆に査定の価格がローンの残りより下だった場合は、残ったローンを組み換えにしてくれます。

また、車を売ろうと決めて査定を受けたものの悩んでしまって決断できないという場合も要注意です。買取業者の価格はオークションが絡んでいると変動が早いので、決断は早い方が査定通りに運びます。無料出張査定などいう業者もよくありますが、酷い勧誘にあってしまうケースもあり、トラブルも少なくありません。しかし査定したからといって必ずしもそこに売却しなければならないわけではないので、毅然と対処しましょう。

 

買取業者を選ぼう

買取業者の中でもガリバーなどは大手で、ネットで査定してもらうのに車検証や説明書を用意して入力すれば1分以内に大まかな査定を手に入れることができます。ただしカーセンサーなどの一括査定ではないので、ガリバーのみの査定なので比較することはできません。比較するならばガリバーなども含めて一括査定できるサイトが良いでしょう。しかし「電話やメールがたくさん来るのは面倒」という場合は実績や人気のあるガリバーのみという選択もありでしょう。ガリバーは全国に460店舗もありますから、アップルなども含めて全国店舗数が多いところに依頼をするというのも近道なのです。

ガリバーなどの大手は信頼度も高いのですが、全面的にどっぷり信頼というわけにはいきません。スタッフも人間なので当たり外れは当然ありますし、査定に行ったら購入を強く勧められることもあります。契約をすぐ求めてくるわりには、査定はなかなか金額を言ってくれなかったりということもあるようです。もっともやはりスタッフや店舗によっても違いがありますし、査定も違ったりしますので注意しましょう。