中古車店の下取り買い取り

新車購入のディーラーの下取り価格が低いならば、中古車を扱う一般的なお店では下取りや買取価格はどうなのでしょうか。その前に、中古車店という定義も知っておきたいですね。お店を選ぶというのはとても大切な第一歩だからです。

 

中古車店の種類

一口に中古車店といっても系統があります。一つはディーラー系中古車販売店。新車ディーラーが運営しているところで、下取りした車をあつかっています。外車などは外車系統の中古車店が狙い目です。中古車販売専門店には色々種類があり、チェーン店や個人経営や小規模業者の店舗などがあります。中古車販売店の下取りの基準は、中古車オークション相場が基準になっています。つまり需要のある車が高くなるわけです。仕入れた車は店頭に並ぶ場合もありますが、早めにオークションに出されることも多いです。相場は早く変動するので、多少低めの価格で下取りされることになります。

 

中古車店での下取りメリット

中古車の魅力はなんと言っても安さですが、それ以上に新車と違って「既に車が存在する」という点にあります。新車を購入して、他の買取業者に車を売ってしまった場合は、新車の納期が延びたりすると足がなくなってしまいます。代車を借りられればラッキーです。信頼できる店舗が見つかれば、きちんとした整備もお願いできるでしょう。その後車が調子が悪い場合も相談できる味方になってくれます。

 

中古車販売店下取りの注意点

中古車販売店の査定はオークション相場が元になっていることが多いのですが、価格の中には中古車店のマージンが含まれています。どのくらいのマージンかは中古車店にもよるので、価格は中古車店毎に違ってくるわけです。さらに販売する際に保証などをつけたりする販売店には、それなりの安全を考えた価格になっています。つまり中古車店によって随分価格に差が出てくるということになります。自分の車の妥当な価格というものを把握しておかないと、販売店の「これが精一杯だから」という言葉の価格に納得してしまうことになってしまいます。他の中古車販売店などの価格も調べて説得力のある交渉が必要になります。また、修復歴の見極めも中古車販売店の担当などは資格を持っていても基礎的なところのみという力量の査定士が多いです。不適切な査定の可能性があることも注意しておきたいです。人間は感情の生き物でもあるので、洗車してワックスがけして小さなキズなどは消しておくこと、書類に不備がないことなども良い印象に繋がります。そういった意味でも、複数の査定を受けることが必要になってきますね。

いくつもの中古車販売店をめぐるのは大変だし時間もないという方には、好きな時間に調べることが出来るネットで一括査定などで見当をつけていくというのも手です。