ディーラーの下取りはお得か

新しい車に買い換える際には、ディーラーなどでそれまでの車を下取りします。下取り金額は新しい車の購入資金にもなり、結果新車を少しでも安く買えるということになります。古い車の処分も楽で、新車の資金にもなる「下取り」。これまで当たり前のように下取りしてきた方が多いかと思いますが、下取りにはどんなメリットがありどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

下取りのメリット

新しい車をディーラーで購入するというワクワク感と反して、それまでの車の処分というのは面倒なものです。出来る限り手間を省きたいという方には、新しい車を購入する代わりに売却の世話をしてくれるディーラーは非常に便利です。ディーラーにしてみると、新しい車を購入してくれるとあって年式が古くても下取りをしてくれます。買取店では拒否されるような車でも下取りしてくれる可能性がありますから、安心して「下取りお願いします」と言えますね。そして何よりも、手間をかけずに新車の費用を下取りから引いてもらえるところが資金的に助かります。

 

下取りのデメリット

「新車購入=それまでの車をディーラーで下取りしてもらう」という図式はこれまで一般的でした。しかし実はその下取りのカラクリにデメリットが隠されているのです。新車を購入するのですから、当然サービス良く下取り価格を出してくれるのだろうと思ったら、実は買取店価格よりも低い査定になってしまうこともあります。これは、純正パーツ以外の社外パーツやドレスアップした部品などを評価してもらえないところにあります。また、ディーラー独自の査定によって、他社メーカーや外車などが不利という、正しい車の価値にならない場合もあります。車好きの方がお金をかけてドレスアップしたり、便利なパーツを付けたりしても、他社メーカーというだけで買取店の価格よりずっと安くなってしまうのです。車が好きで愛車であれば、かなりガッカリしてしまうところですね。

 

価格が気になる下取り

どうしても下取りは買取店より価格が下がってしまいます。これは大手買取店などが大量仕入れして薄利多売にするビジネススタイルとは違うからです。「でも、もうちょっと下取り価格上げてくれないかな?」という話をディーラーにすると「限界まで上げてみました」と提示してくれるかもしれません。それは新車の値引きを引いてしまっているにすぎません。つまり、ディーラーは下取り価格と新車値引きとトータルで考えているということです。「それではあまり下取り価格が上がっても喜べない」となるでしょう。現在乗っている車の正規の価格でよりベストな価格を追求するならば、下取りは良い方法ではないということになってしまいます。とりあえず、ネットなどで自分の車の見積もりや時価を知っておくのは、下取りに際するディーラーとの話のポイントにはなるでしょう。