故障車や動かないクルマは売れるの?

「これはもう新車を買った方が早いですね。直りませんよ」なんて言われてしまうような故障車。いくらなんでも「動かない車」は売れないと思いますよね。何とか処分しなくてはとか、これは粗大ゴミ扱い?とか、色々考えてしまうものです。動かない車を即ゴミ扱いせず、とりあえず「売る」ことを考えてみましょう。処分の費用を出すのではなく、収入に少しでもなったらお財布の中も助かるでしょう。

 

動かない車は廃車か?

車は動いて初めて人の役に立つのですから、動かない車にお金を出してまで買い取ってくれるわけがありません。当然普通は費用をかけて「廃車」という道を辿るか、恐ろしく安い価格で業者に買い取ってもらうかという感じです。動かなくてもクラシック的な美術的骨董的価値があればオークションで売却ということも考えられますが、一般的な車は飾っておいても場所を取るだけです。しかし、こういった動かない車でも買い取ってくれる業者があるのです。それは「リサイクル」を前提として買取をする業者です。決して壊れた車はお金を出して引き取ってもらうものではないのです。

 

部品としての第二の車の生き方

動かない車は修理しても微妙なので、修理せずお金をかけずに業者に依頼します。ただしこの業者は、リサイクルを前提にした部品仕入れという仕組みなので、普通の買取業者とは違います。車の全てがダメになってしまったわけではなく、部品としては機能が生きているので、車は部品としての第二の生き方をするのです。「動かない車をどうやって業者まで持っていくの?」という方もいらっしゃいますが、業者にしてみると「仕入れ」ということでレッカー車で引き取りに来てくれたりもするので、ぜひ問い合わせて考慮したいところですね。日本国内だけでなく海外でも人気の日本車部品は高いニーズを誇っています。水害などで水没した車も、部品として使えなくても金属部分は貴重な再資源。自ら廃車スクラップにする前に、最後まで諦めないで対応してみましょう。

 

動かない車の行き先は早く決める

動かない車を見ていても、どこにもどうにもなりません。愛車であれば愛着もあるでしょうが、もう乗って楽しむこともできません。そこで、早めの処分をおススメします。これは早ければ早いほど良いでしょう。自動車税や重量税・自賠責が戻ってきますが、遅いと額が減っていきます。見積りなどの対応も早い業者が良いですね。

 

売却時への注意点

売却時の注意点としては、出来る限り多く買取店へ査定を依頼します。買取店によって得意分野不得意分野もありますし、査定士によって違いが出たりもします。一番高額の査定先に売却するのは当然ですね。

売却先が決まるまで、または売却するまでは「どうせ動かない車だから」と無造作に扱わず、なるべくキレイな状態を維持します。特に雨ざらしなどの水関係は内部の腐食変色に影響があり、車自体やパーツの価値にも関係してきます。