事故歴のあるクルマの売り方

事故歴のあるクルマは売れるのか?売れるのならば、どんな売り方をすればよいのでしょう。それ以前に、事故にあったクルマは全て「事故車」になるのでしょうか。修復歴の有無とはどんな関係があるのでしょうか。誰もが事故にあう可能性はあるので、ここはちょっと頭に入れておきたい項目でしょう。

 

事故にあったら全部事故車?

「事故にあったことがあるから、もう自分の車は「事故車」ということで売る場合に困ってしまうな」と思っていたりしませんか。実は「事故車」という項目は査定にはありません。中古車を購入する際にも、仕様項目にありませんね。事故歴ではなく「修復歴」といいます。つまり、事故にあったら事故車として扱われるというわけではないのです。修復歴はあくまで車の主要部分の修理交換のことなので、修復しなければ修復歴にさえなりません。事故にあって車に多大な破損があれば別ですが、事故車になってしまったと悲観することもないのです。

 

修復歴とは?

事故にあって修復したら全部修復歴あり?と思うと修理に躊躇してしまいます。車をこすって板金塗装業者に頼もうと思っていた方などは「ちょっと修理やめておく?」とか「でも、これじゃ走っていてみっともないし」とか思われるかもしれません。しかし車を擦ってしまったところを直したり、ドアをぶつけて交換したくらいでは「修復歴」にはなりません。傷つけてしまって直しても、修復歴のつかない事故で正しく修理すれば事故車とは扱われないのです。ここでポイントは「車のどの部分を修理交換したか」になります。ちなみに、修復歴は車検証ではなく、整備手帳などに記載されます。

 

修復歴になる部分とは

事故にあって修理した場合に、修復歴になる車の主要部分があります。フレーム(サイドメンバー)・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポート(ボンネットタイプ)となっています。車の骨格や肝心な部分になります。修復歴が必要になるのは、中古車で購入する場合に車の肝心な部分を損傷し修復したという履歴を、購入した人が分かるようにするためです。契約書や見積書には「修復歴有り」と記載されます。

事故車の売り方

購入する側にしてみれば、事故車となると修復して見かけは綺麗になっていても、走行性など重大な問題点があるのではと敬遠されてしまうのは仕方のないことでしょう。買い手を見つけるのは大変です。大手の買取業者や、信頼できる査定ができるところを選んでの売却が一般的ですね。もちろん事故車でないものよりは大きな減額は致し方ないところです。もう一つは、事故車などを専門に引き取り部品単位で売るという業者です。日本車のエンジンやサスペンションなどは海外でも代表的な人気部品です。ただし、部品単位は腐食などがあると使用できません。水害にあったクルマなどは注意が必要です。また、骨董的価値のあるもの、美術的に価値があるものなど、人気の高い車に関しては例え不動車として動かなくても普通の買取業者に売るのは損になります。オークションなどで高値で取引されることもありますから、挑戦してみましょう。