キズやヘコミがあるクルマの売り方

「車を売ろう!」と思ったとたん、自分の車のキズやヘコミが気になる気になる・・・。このキズ、査定に響くのだろうか?このヘコミ、売るのに支障はないのか?だいたいにおいて、キズやヘコミは直さないと売れないとかあるのだろうか?そんな考えがグルグル回ってしまいます。ここは落ち着いて、傷やヘコミがある自分の車をどう売るのか考えてみましょう。

 

キズやヘコミがある車は売れるのか?

まず心配になるのが「キズやヘコミがある車は売れるのかどうか」でしょう。「廃車にしたほうが早いのでは?」なんて言われないだろうかと心配してしまう方もいるでしょう。どれだけ査定でマイナスになって、ゼロに近くなってしまったらどうしようとも思います。確かに売るなら高い買取価格を勝ち取りたいところですが、もちろんキズやヘコミは程度によります。とはいえ、売れないことはありません。あとは「どれだけ高い買取価格をゲットできるか」によるのです。

 

キズやヘコミがある車は直して売るもの?

キズやヘコミは有るより無いほうが良いに決まっています。しかしだからといって、現在既についてしまった傷やヘコミを直して査定を受けたり売ったりするのは考えものです。業者に依頼して直せばある程度良く直りますが、その費用は車を売る際に上乗せさせるものではありません。つまり、直さないで売ったほうがお得ということになってしまいます。また「これくらいのキズなら自分で直せる」というのも危険です。そういった直す経験があれば良いのですが、素人が朝鮮すると直す前より目立ってしまうこともあります。その時は「完璧!」と思っても、太陽の光の加減などで明らかに分かるような跡になってしまうことも。

 

キズやヘコミの状態

どのような感じでキズやヘコミはチェックされていくのでしょうか。これは、キズやヘコミの個数や状態になります。ナンバープレートもチェック対象なので、擦り傷や変形や汚れは良く見ておきましょう。鍵穴やドアの取手部分は小さな引っかき傷が多いですね。ここはちょっとコンパウンドなどで挑戦しても良いかもしれません。天井やボンネットは特にチェックがあります。天井は自分で確認し忘れがちなので、忘れずに見ておきましょう。ヘッドランプやテールランプは点灯するかどうかだけでなく、破損がないかも見ておきます。現在の買取業者の多くは自前で補修設備などを持っていたりするので、少々のキズ・ヘコミでしたら、査定にもあまりかからないことが多くなりました。

 

買取業者によって判断が違う

「このキズやヘコミがどの程度響くのか?」というのが悩みどころなのですが、実は素人判断はしないことが重要で、いま一つその素人判断は役に立たないことになります。というのは、買取業者によって判断基準は大きく分かれるもので、A社ではあまり問題にされなかったのにB社では大きく減額されてしまった、なんてことがあるからです。もちろん素人がその会社の判断基準を知らないことをいいことに、安く買い取ろうとする会社もあります。下手なディーラーや買取業者に持っていくと、悲惨な買取価格になってしまうかも。

そこで、一括見積もり査定などのサイトで、一括査定をしてみるのです。大手買取業者で任せるのも一つの手ですが、サイトの入力は面倒でも時間がかかるものでもないので、その結果を持って他の買取業者を探したり、交渉の材料にするのも一案です。