走行距離が多いクルマの売り方は?

「走行距離が多いから売れないかもしれない」と心配したり諦めたりする前に、まず必要なのは「自分の車の価値」です。自分の車の価値とは、どれくらいで自分の車が売れるのかという相場を把握することです。調べてみると、売れるどころか意外な高額になったりするかもしれません。

 

走行距離が多いと本当に売れないの?

走行距離が多いと売れないというのは本当でしょうか?よく10万キロと走行距離の目安を昔から言われてきましたが、今もそうなのでしょうか?確かにディーラーの下取りだと走行距離10万キロは0円という査定になってしまいます。普通の買取業者でも10万キロを境に査定額がガクッと下がります。しかし実際には10万キロを超えたクルマでも売っていますよね。そしてそれを購入する人がいる。つまり需要があるということなのです。日本の車は昔よりもずっと進化してきて、部品レベルでも海外から人気があるほど優秀で、信頼性があるのです。決して売れないわけではありません。

 

過走行車と多走行車とは

以前は聞きなれない言葉だった「過走行車」「多走行車」ですが、漢字をみると何となくニュアンスがわかりますね。これはネットで車の査定サービスなどが活発になったことでネット上で主に使われているようです。意味はそのまま「走行距離が多いクルマ」「走行距離が多すぎるクルマ」ということになります。

 

過走行車も悪くないから

過走行車というと、イコール状態が悪いと思われがちです。確かに普通の中古車の走行距離としては年間8000kmという感じですから、過走行車は「安くなる」ということが多いのは致し方ないことでしょう。全ての部品は消耗品ですから、使う頻度は少なければ傷みが少ないのは当然です。しかし実際のクルマは、一回に乗る距離が長くて過走行になるのと、渋滞した市街地などで短距離走行を繰り返しての過走行では、コンディションが違うといわれています。ブレーキなどをあまり使わず、派手なアクセルワークも使わず、平均的な安定した走りをすると車に負担がかからないのです。ここは年式的に古くなく過走行というだけならば、走ってきた状態を説明しながらアピールしてもよいでしょう。逆に中古車を購入する時は、こういった車を購入すると安いわりに状態が悪くないものが購入できるのです。

 

走行距離以外でもアピールする

普通の査定を黙ってみているだけでは、過走行車は良い査定材料にはなりません。しかし査定というのは他にも内外装の状態やキズやヘコミ、補修跡、腐食、走行機関の状態など総合的なことで計算されるものです。走行距離が多くても、走行機関に異常がみられない、良い状態であれば売れないわけではないのです。走行距離以外のアピールを忘れてはいけません。

 

海外で活躍する日本車

故障が少なく、品質に安定性がある日本車は海外で人気があります。クルマとして走行に問題がなければ、走行距離など気にせずに海外で人気になる可能性があります。何しろ部品ですら日本車のものは人気があるのですから。つまり、買取業者が買い取って「過走行車で転売できずに困る」というものではないのです。そこで、多くの買取業者から見積もりをとって、過走行車であっても価格競争させることだってできるのです。