古いクルマの売り方は?

年式が古かったり、10万キロを超えるような走行距離だったりすると、売るにしても下取りにしても「値なんてつかないのだろう」と、ちょっと躊躇してしまいます。そこで、古いクルマの売り方などを知っておくと、対処の仕方が最初から変わってきますね。全然ゼロじゃない、利用価値のある古いクルマの先行きを考えておきましょう。

 

廃車は最後の手段

すごく古くなりすぎてしまって、もう廃車しかないのではないか?なんて思っても、実は利用価値があったりします。廃車を選ぶのは最後の手段。まずは古いクルマでも売ることを考えましょう。しかし本当に廃車にするような車でも買取業者が買い取ってくれるのは、手続き費用などがかかるとしても、戻ってくる税金などで利益が出ることがあるのです。これにはクルマの所有者を買取業者にすることが必要です。買取・下取りする側が税金の戻りを受け取れるということになります。

 

古いクルマの行方

古いクルマとしても、修理をすればまだ乗れたり、欲しがる人がいる場合もあるのです。部品さえ安く調達できれば、廃車寸前でも利益に繋がることがあるので、買い取ってもらえます。もしくは、海外で第二の人生(車生?)として活躍したりします。もしくはパーツオークションでマニアからネット上で貴重な部品として人気がでることも。

 

下取りの価格は新車の値引きを崩してしまう

ディーラーで次のクルマを購入するのに、下取りとして古いクルマを出した場合「本来廃車というところで手数料がかかるところですが、新しい車を購入していただきますし、5万円の下取りでいかがでしょう?」なんて提案されたりします。「廃車同様が5万円?ではここで決めよう」となりがちです。しかし実は、その下取り価格は新車の値引きを移動させているにすぎなかったりします。

 

古いクルマを高く売る方法

まずは「どうせ古いクルマだから」と諦めずに、買取業者に見積もりを複数依頼し、自分の車の相場を知ります。価格交渉の際には、これが切り札の一つになります。もしも自分のクルマが禁煙車だったり、点検整備を怠らなかったとなったら、これはアピールをします。別段クルマが禁煙車であってもなくても法には触れないので、買取業者は見落としがちな「良い部分」です。自分で良い材料はどんどんアピールしていきましょう。また「もっと高く売ろう!」として、キズやへこみを自力で直すのもNGです。板金修理になど出すと売れるより費用がかかってしまますから損になってしまいますが、自力で素人が直すと、職人の直しではありませんから査定をさげてしまうことになります。また、タイミングも大切です。買取業者にしてみると、中古車がよく売れる季節というのがあるので、どんどん仕入れをしたい時期があります。例えば春の一歩手前。「高校卒業して免許を取ったけれど、まだヘタクソだからボロいクルマでいいや」なんていうケースはざらです。ボロイクルマもそれなりに需要があるのです。ただし、クルマが高値で大丈夫でも、年を越してしまうと年式が下がるので更に下がってしまいます。

つまり、高く売れるシーズンを目指して見積もりを複数とるところからスタートです。時間がなかったり忙しい場合には、多数の見積もりを店舗を回って取るのは大変なので、見積もり一括サイトなどを利用しても良いでしょう。