ローンが残っているクルマの売り方

「車を売ろうかと思うんだけど」「売るのはいいけど、ローンは終わったの?」なんていう会話が聞こえたりします。色々な事情で「ローンが残っているけど売りたい」という状況になったりはしますが、ローンが残っているということは車の全てが自分のものになっていない状態かもしれません。ローンが残っているのに売れるのか?ということになりますね。もし売れるのならば、売り方も知りたいところです。

 

ローンが残っている車は売れるのか

基本的に、ローンが残っている車は売ることができません。ローンが残っているということは、車の支払いが終わっていないので、全てが自分のものになっていないということになります。車の使用者と、所有者というのは違うということなのです。では、ローンが終わっていない車の所有者は買った人でなければ誰になるのでしょう。それは、ローンを行っている「信販会社」になります。これは車販売店のオートローンなどに多いですね。車を担保にしてお金を借りているということになります。所有者ではないので、勝手に車を売ることはできません。一方、銀行や信用金庫のオートローンなどは、所有者が使用者本人になったままローンを組むことができたりします。審査や手続きは厳しかったりするのですが、売る際にはとても楽になります。

 

所有権がどこにあるかが大切

ローンが残っているかどうかというよりは、車の所有権が誰にあるかが大切になります。もしも自分に所有権のない車を売ってしまうと「横領罪」「占有離脱物横領罪」という犯罪になってしまいます。しかも、刑事でも民事でも責任を追及されてしまうということになります。

 

ローンが残っている車を売る方法

ローンが残っている車はどうしても売れないのでしょうか。それはちょっと困りますね。そこで、ローンが残っている場合の売却方法を知っておきましょう。これを知らないで売却しようとすると、故意でなくても罪に問われてしまうからです。

ローンが残っている車の最大の問題は「所有権が自分にない」ことです。ローンが残っていても所有権が自分にあれば自分の物を売るだけで問題がないので、車検証の所有者の氏名又は名称が自分の名前になっていればOKです。車検証の所有者の名前が信販会社やディーラーになっているという自分に所有権がない車の持ち主は「所有権の解除」をすることになります。お金に余裕がある場合なら、ローンを全額返済してしまえば手続きはあるものの所有権が自分に移ります。もっとも、ローンを返すためのローンを組むようなことはおススメできませんが。もう一つの「所有権の解除」方法としては、信販会社と相談して、所有権の解除の承諾を得ることです。車を売却して完済できるということを証明するということになります。できれば高値で買取をしてくれるところで見積もりをとりましょう。見積金額がローンの残額より高ければ、それを名義変更交渉のための良い材料になります。残額より少ない場合も多くありますが、ローン会社によっては分割返済も認めてくることがあるので、相談してみましょう。ローン会社からすれば、確実に返済してくれるという保証が欲しいわけですから、誠実な返済計画をもってのぞみましょう。これは下取りの際にも同様で、下取り査定額で残債を支払うということになります。

大手買取店などはローン完済サービスなどもありますから、まずは手軽にサイトなどを覗いてみたいですね。

 

 所有権解除の手続き書類

所有権解除の手続きの書類としては、自動車の車検証、印鑑登録証明書と実印、自動車納税証明書、販売店から受け取った委任状になります。