社外パーツの査定額への影響

最近はカーナビなどを後付するのは普通ですね。あらかじめ目的地を調べておくのは必要ですが、やはりカーナビは道中便利なものです。タイヤは雪が多い地方の方でなくとも、スタッドレスタイヤやチェーンは、スキーやスノボーを趣味とする方なら持っていらっしゃるでしょう。その他、車好きの方は買った当時の車のままではなく、ホイールをお洒落に変えてみたり、マフラーやエアロパーツなどを変えたりします。音楽好きの方はオーディオやスピーカーをこだわりの音質にできるように変えたりもします。さて、これらの車好きには宝物同様の社外パーツ。査定額への影響はどうなのでしょう?

 

社外パーツとは?

社外パーツとは、純正品でないものをいいます。純正品というのは、新車購入時に車に装着されていた部品で、交換部品にしてもメーカーの純粋な製造のものになります。社外パーツはこの純正品ではないもので、メーカー意外が製造したものです。

 

ディーラーで下取りする場合の査定には

自分のカスタマイズした車が自慢!色々取り揃えた社外パーツも厳選してある!という方には、ディーラーでの下取りはおススメできません。なぜなら、ディーラーでの下取りには社外パーツは基本的に評価の対象にならないのです。査定には全く役に立ちません。自分の自慢のパーツが査定の対象にもならないというのは、ちょっと残念ですよね。ディーラーで下取りする場合には、純正品のパーツが多い方が有利です。大切に使いましょう。

 

買取店での査定なら

車買取店での査定ならば、ディーラー下取りから一転して社外パーツが生きてきます。無理に外そうとすると難しいところもあるので、パーツを工賃をかけてまで外そうとせず、まるごと査定してもらうのが良いでしょう。人気のあるパーツやカスタマイズであれば、査定は高評価が期待できます。カーオーディオなどは人気ブランドなら良いのですが、そうではないと査定にはあまり響かないものです。パーツごとに損得はあるかもしれませんので、細かく自分で納得いく査定に仕立てたい場合は情報を集めてから売却したいですね。

 

ディーラーに下取りなのだが、社外パーツはもったいない

新しい車を購入するとしたら、ディーラーでの下取りの査定になる可能性が高いですね。しかしそうするとせっかくの自慢の社外パーツは評価されない。これは納得がいかないところかもしれません。そこで、社外パーツと車を切り離して考えて査定に出すのです。自慢の社外パーツはパーツ専門店などで見積もりしてもらい、車は純正部品のみにしてディーラーに査定してもらうのです。取り外しする工賃などもかかるので、金額的な損得や情報を上手に収集しながら別々にするか、一緒にディーラーへ行くのか考えましょう。

 

派手なエアロパーツはプラス?マイナス?

エアロパーツも純正ならばあまり問題はなく、プラスでもマイナスでもという感じで評価されがちです。しかし、お金をかけて作った派手なエアロパーツの場合は高額査定どころかマイナスに転じてしまうことが多く、良い影響がないと覚悟しておきましょう。穴をあけて取り付けるようなものならば、取り外して何とかしようとしても査定額は下がる一方になってしまいます。こういった場合には、こういうカスタムカーを好む人たちが集まるカスタム車専門店を利用してみるとよいでしょう。