キズやヘコミは査定額にどう影響するか?

普段乗っている時には気にしないようなキズやヘコミでも、いざ査定を受けるとなると気になりだすものです。査定のポイントに引っかかるのかも気になりますが、出来るだけ高い査定額を引き出すためにも「キズやヘコミを治したほうがいいのかな?」という考えも持ち上がってきます。さて、キズやヘコミ、どう対処したらよいのでしょうか。

 

キズやヘコミの査定の影響

査定を目の前にすると、キズやヘコミを見て「査定に影響しないか?」と心配になり「直したい!」という気持ちにかられてしまうものです。しかし査定に影響しないと分かれば、そのような心配や焦りもなくなるはず。では、どのような部分が査定で見られるのかということを把握しておきましょう。ボディ部分では、キズ・ヘコミ・アンテナの状態・ボディカラー・汚れ・ランプ・ナンバープレート・エアロパーツ・ガラス・ボンネット・天井・ドア・ウインドウなどです。キズやヘコミは見た目もそうですが、明らかにマイナスになるのは爪がひっかかる程度のものです。しかし査定時に見られているのは、キーを挿し損なったようなキズでさえ見られていると思ってよいでしょう。

爪が引っかかるようなキズではないけれど、キズが多い気がするし、もしも引っかかったらどうしよう?やはり直そうか?という気持ちにやはりなってしまいますね。

 

細かいキズを直した方がいい?

「細かいキズなら念のため自分で直しておこう!」という方もいらっしゃいます。修理に出すほどのキズではないけれど、万が一こんなキズで査定が下がったら残念に思えるものです。コンパウンドなどでキズを目立たなくすることも可能ですが、誰しも上手にできるとは限りません。下手をすると「ここにキズがありました」という目印になりかねない、ムラができてしまうことも。こういった作業に慣れている方以外は「挑戦」しないほうが無難かもしれません。

 

査定に引っかかる傷は直したほうがいい?

「このキズは明らかに査定に引っかかる。直したほうが査定が上がるはず!」という場合、確かにキズを直せば査定は上がるでしょう。問題は査定に引っかかるほどのキズである場合、自分では直しにくいものということです。つまり、業者にお金を出して直しに出すということになりますね。「出費は痛いけれど、その分査定が上がってくれれば良いのではないか」ということになりますが、本当に査定は修理分をフォローしてくれるのでしょうか。確かに直せば直さなかったよりも高額な査定が期待できます。が、実際は「上がった査定額」<「業者に依頼してキズを直した金額」という計算になることが多々あるので注意です。キズやヘコミを業者に修理に出したことがない方は、依頼する時間や労力も含めて無駄になってしまう可能性がありますので、そのまま査定を受けてた方が良いかも。

 

番外編の直した方が良い場合

「車を擦られた!」「バンパーを傷つけられた!」など、相手が原因での事故の場合はきちんと直してもらってから査定を受けましょう。この場合は自分からの出費が無いか、少ないかなので、事故後の売却の場合は直してからが基本です。