売るなら車検の前or後?

車検がまだ残っているなら、乗ってしまおうかな?と思うこともありますが、もしも車検前と車検後で査定が大きく変わるならば、車検がまだ余裕を持って残っているうちに査定を視野に入れて考えておかなければいけません。さて、売るなら車検前でしょうか、車検後でしょうか。どちらの査定額がお得なのでしょうか。

 

 車を売るなら車検前?

まず、一番避けたいところは「車検が切れるギリギリ」で売ろうとするところです。車を売るというのは実際カーオーナーからすれば購入時に次ぐ一大イベント。売却のための査定を見積もるなどは 車検を余裕で一年残しているところから始めたいものです。そして、せめて車検満了の2ヶ月前には査定を受けておきたいですね。さて、単刀直入にいってしまえば、車検がもうすぐ切れる車と車検を取ったばかりの車で、車種や年式など同条件であった場合、一般的に査定額が高いのは「車検を取ったばかりの車」になります。しかしそこは、すべての収支を集めて総合的な金額で判断するべきでしょう。

 

査定は車検後が高いのに、なぜ車検前なのか

純粋に車としての査定額は車検後の方が高いのに、なぜ売るなら車検前なのでしょうか。査定額が高い方を選ぶものではないのでしょうか。これは一番の要因は、査定額が高くても、車検を受ける費用の方が高くついてしまうからです。車検はかなりまとまった金額が必要ですが、査定額が高いといってもこの差額に追いついていかないのです。売ろうと決断した時点で車検が結構残っているという状態であれば査定額はUPし、出費もありませんから、車検後に事情があってやっぱり売ろうという場合は、早めの決断が必要と言えます。注意点としては、車検は普通のメンテナンスと違ってパッとすぐ終わるわけではありませんから、少々日にちがかかるのが通常です。もしもその間に相場が変動すると査定額が下がってしまう可能性があります。

 

税金的にも車検後売却が損

車両重量税などは車検の際に支払う税金ですが、これは車の価値には全く関係のない純粋な出費になります。そしてこれらは「これから車を購入して乗る人」が支払うものだと思うのです。車検を通すがために支払う税金と諸費用として「車両重量税」「自賠責保険料金」「印紙代」「申請代行費用」「修理調整費用」があり、ここに検査費用がかかります。大きな車を乗っている方は要注意で、大きくなればなるほど高い費用がかさんでいきます。かといって、この大きな重量のある車がその分高く査定してもらえるとは全く限らないのです。UPするとしても、車検費用の半分ほどと言われています。

 

車検ギリギリになってしまったら?

色々悩んでいたりしたら、いつのまにか車検が切れる寸前!となってしまったら?車検が多く残っていたら査定がプラスになるのであれば、ギリギリの場合はマイナスになってしまうのでしょうか。結論からすると「査定がマイナスのなることはない」です。完全に切れてしまうと公道を走れず輸送に問題がある場合もあるのでしょうが、寸前なら査定に基本的に影響はありません。もちろん、買取の営業マンが相手がこういったことを知らないだろうと思って「車検が切れる寸前なのでマイナス査定になります。」などと言い出す可能性は充分あります。が、そんな時には「車検が切れかかっていても査定には影響がないと知っていますよ」と返答してあげましょう。