査定額の相場の調べ方とチェック方法

クルマを購入するのは、やはり安い買い物ではなかったはずです。そのクルマを売るのですから、なるべく少しでも高く売りたいですよね。この売却劇を制するには、査定額の相場とチェック方法を知って行動することです。もちろん行動するといっても時間が有り余っている方ばかりではないはず。有効で無駄のない方法で査定額をつかんでおきたいところです。

 

売却劇を制するには査定額

買取店でお願いするにしても、下取りに出すにしても売却という形になります。これを成功させるには、査定額の適正や最高でいくらくらいにはなるはずなどの知識をもって交渉することです。これには手を惜しまないというのがポイントになります。例えば複数の買取店に足を運んで査定額を取り、比較交渉して売却したりすることです。また、買取店を利用する場合は、信用できて高く買い取ってくれるところを探します。さらにこれらはクルマの価値は年式や走行距離でどんどん下がっていくので、なるべく早く対応したいところですね。でもいきなり買取店に足を運んでというのも、知識として無防備な気がします。あらかじめ基本的な相場くらいは頭に入れて出かけたいですね。

 

査定額の相場の調べ方

この車種を売ったらいくら、という相場では全く査定額の相場の参考にはなりません。比較にもならないでしょう。インターネットで漠然と調べるのではなく、ネットの中でも一括見積もりサイトなどを複数かけるのが有効で早いですね。必要事項を入力するだけなので、時間も場所も選ばず、忙しくてもとりあえず行動に移すことができるという優れものです。よく心配されるのが、サイトで頼んだらシツコク電話が来たりすることです。複数の業者からだと対応も大変ですし、ちょっと鬱陶しいと思いますよね。しかも話の流れは出張査定に持ち込まれがちです。ここでポイントは、あくまで査定額の相場を知ることがメインなので、出張査定には来させないことです。全部の業者を出張査定で出迎えていたら時間も労力もかかります。ここはメールで査定額を知らせてもらう段取りをすることです。クルマはすぐにでも売りたいけど、とりあえず先ずは査定額だけ送ってということです。この話をして態度が変わってしまったり、電話の口調が変わるようでは、その買取業者は例え頼んでもその後が心配です。対応の悪い業者をはじきながら、査定額を集めて相場を知りましょう。

 

査定額をチェックする方法

いくら複数の査定額を集めても、どこがポイントでどこをチェックして良いのかが分からないと漠然と見積もりを見るだけになってしまいます。そこで自分の車と比較しながらチェックするポイントを把握しておきましょう。まずは外観。やはりパッと見てキズや凹みはもちろん、ボディのカラーやヘッドライト、ドレスアップパーツなどは下取りでない査定の場合は重要ポイントになります。サンルーフやガラスルーなどの最初から付けてオーダーしなくてはいけないものはポイントが高くなりますね。同じ理由で、標準ではなくついている電動スライドドアや、ETCなどもこれにあたります。安全装備もよくオプションになっているカーテンエアバックなどは査定のポイントです。クリアランスソナーは車の四方に障害物が近づくと教えてくれる機能ですが、最近はこれが人気上昇中です。これは査定のポイントアップになるので、アピールしてもよいところです。その他の装備であるルーフキャリアやカーナビ、後席モニターやオーディオなどは下取りでは繁栄しないものの、買取店ならばチェックポイントにはいります。もちろん走行距離や内装などもチェックのポイントですから、現在のお車は大切に乗っていきましょう。