査定とは何をするものか

「車の査定をする」という言葉は聞いたことがあると思いますが、査定とは何か、どんな基準で、どのようなことをするのかというのは知らない人も多いようです。査定というものの本来の意味と内容を知ることで、自分の車を見る目や、今後のカーライフがちょっと変わってくるかもしれません。

 

査定とは?

車の査定とは、消費者であるユーザーから下取り・買取する中古車を適正に評価することです。つまり「自分の車っていくらで下取りしてくれるのだろう?」と思った際に査定してもらった金額が「査定価格」というものになります。車は年式や走行距離も変化してきますから、査定もずっとその価格ではなく変動していくものになります。

 

査定の基準はあるのか?

車を査定する基準は、その査定してくれた人の目?それとも洗車したり、車内の掃除をしておけば査定額はUPするのでしょうか?このような不安や憶測を呼ばないように日本自動車査定協会と経済産業省と国土交通省の指導で「中古自動車査定制度」というものがあります。もちろんディーラーなどの基準もあり、流通や販売ルートの強い弱いがあるので得意としない車種などが査定額が低いこともあります。

しかし、やはり査定制度があるのは査定業務実施点が制度に則って査定をすることで、査定の明確さや、価格に極端な差がでないなどのメリットがあります。

 

査定の方法とは?

査定の基準はモノサシのようなものです。基準である標準状態は次のような設定になっています。

1.外装・内装は無傷である 2.エンジン・足回りは走行に支障がなく良好。 3.車検の残り月数は3ヶ月以内。 4.タイヤの残り溝はスリップサインの1.6mm以上であること。 5.走行キロ数は標準である 6.事故修理歴や改造工作がなく損傷・腐食や臭いがない。

 

査定の算出方法とは?

意外に知られていない査定の算出方法とは。基本的なところを知っておきましょう。まず基本は査定協会が毎月設定する「査定基準価格」で標準的な整備を完了した状態です。そこから標準整備費や販売店の見込み粗利益を含み、特別調整として各社で設定する保証期間や部品の価格、在庫の回転などを加味して「基本価格」となります。ここから加減点をつけると査定価格の算出完了です。

 

加減点の基準は?

加減点とは、例えば走行距離が標準より少ない場合は加点、多い場合は減点となります。盆念となどの外装にヘコミが有ったらヘコミの大きさに合わせて減点です。というのは、外装は無傷が標準だからです。内外装無傷、走行に支障がないのが標準ですから、これにプラスマイナスしていくわけです。