廃車のメリットデメリット

廃車のイメージは即スクラップという感じですね。もちろん登録を抹消して公道を走らなくても、クラシックカーを展示するように骨董価値があるものとして扱うことも可能です。しかし一般的な車であれば、廃車は廃車費用がかかるだけで損なのでは?と思われます。では、廃車のメリット・デメリットはどんなところでしょう。「廃車」という道をたどる自分の車にもメリットがあるのか知っておきたいですね。

 

廃車の種類

廃車=スクラップというわけではなく、廃車にも種類があります。一つは「永久抹消登録」で、もう一つは「一時抹消登録」です。廃車とは、登録を抹消するという意味合いなのです。イメージ通りのスクラップしてもう二度と乗らないのは「永久抹消登録」で、所有者が海外赴任や長期入院などをした時にとる方法は「一時抹消登録」になります。永久抹消登録の中には、修復できないほど壊れた事故車や、台風・地震・水没車なども含まれます。また、津波など水害で車がどこに流されたのかも分からない、回収不能という場合もこの手続きに含まれます。車が無くなったからそれで終わりではなく、永久抹消登録を行わないと、自動車税を払わなければいけないので要注意です。車検が一ヶ月以上残っていれば、重量税が月割りで戻ってきますから、手続きするのも損ではありません。車の解体が終わったら、15日以内に永久抹消登録をすることになっています。自分で手続きする場合は気をつけましょう。

 

廃車を委託するなら

廃車を委託するのにはどこでも良いわけではありません。出来ないわけではありませんが、ディーラーや車販売店では車の解体費用などが発生したりするので損ですね。むしろ廃車買取業者に委託すれば、解体した車のパーツを再利用したり、鉄やアルミを素材としてリサイクルしれくれたりするので、高く買い取ってくれる確立が高くなります。こちらのほうが少しでもお得と言えるでしょう。

 

廃車のメリット

公共的な目で見てみると、廃車のメリットとは、古くて排ガスや燃費の悪い環境性能が良くない車が少なくなって、新しい環境に良い車に移り変わっていくことでしょう。自動車業界の代謝が良くなれば、新しいエコな考え方と環境が待っていると思えます。個人としての廃車のメリットは、乗れない車を持っていても税金など諸費用がかかったままなので、登録を抹消して廃車にして自動車税などの税金から保険などの諸費用もストップすることができます。

 

廃車のデメリット

廃車のデメリット、実は金銭面より「愛車が廃車に!」という心理面が強いと言われています。本当に大切にしていた車ももちろんですが、車好きでなくても長く乗っていたりすると思い出もあり、いつの間にか愛着が湧いていたりします。廃車にしてしまって初めて心にポッカリ穴が、なんていう方もいらっしゃるようです。一時登録抹消ならば車は復活できますが、永久登録抹消だと二度と公道を走ることができません。

また、できたら廃車という形ではなく、なるべく買取や下取りとして「売却」という形を取ったほうがお金になったり、新しい車の資金になってくれたりします。まずは廃車というところから始めずに、下取りや買取から取り掛かっていきたいところです。