マツダ CX-5の売り方

現在のマツダ CX-5とは

ゴツくない都会的なスマートなSUVのデザインを、さらに躍動美と安定感のあるデザインに仕上げているのが現在のCX-5です。美しいフォルムがマツダ色によく映えています。インテリアはスポーティでシンプルなところが使い手の心地よさを生みます。クリーンディーゼルのエンジンを搭載しています。グレードはコアモデルの「XD」、「XD PROACTIVE」、上級モデルの「XD Lパッケージ」になります。ガソリンエンジンの「20S」、「20S PROACTIVE」「25S」「25S PROACTIVE」、2.5Lガソリンエンジンの上級モデルの「25S Lパッケージ」があります。マツダ新世代技術であるSKYACTIVE TECHNOLOGYを全面採用しています。

 

過去のCX-5モデル

クロスオーバーSUVであるCX-5。2011年にジュネーブモーターショーで発表された「勢(ミナギ)」をベースにした市販モデルです。その後東京モーターショーにも出品されています。2012年から本格販売。日本ではディーゼルエンジンで販売を伸ばし、世界でも受注を受けています。2012-2013日本カーオブザイヤーを受賞。一部改良され特別限定車「25Sアニバーサリー」を発表し、「25S」「25S Lパッケージ」を新設しています。

2013年には2012年に続いてSUV国内販売台数一位になりました。が、2012年の自動ブレーキ機能体感試乗会で、試乗車であったCX-5がフェンスに衝突し、客・店長が重軽傷を負うという事故が発生したため自動ブレーキ試乗会を自粛するという出来事がありました。しかし実は、ディーラー関係者の客への自動ブレーキの注意点など事前説明が不十分であったといいます。その後、2015年には世界累計生産台数が100万台に達したことを発表しています。人気はその後も続いているのです。

 

年式別査定額の例

査定時期 年式 グレード・色 走行距離 査定価格
2015年12月 2012年 XD・ブラック 6~7万㎞ 150万9千円
2015年12月 2013年 XD・ホワイトパール 9~10万㎞ 166万6千円
2015年12月 2013年 XD Lパッケージ・ホワイトパール 1~2万㎞ 228万8千円
2016年3月 2014年 XDプロアクティブ・グレー 0~1万㎞ 238万8千円
2016年4月 2014年 XD Lパッケージ・レッド 3~4万㎞ 163万5千円
2016年1月 2015年 XD Lパッケージ・ホワイト 0~1万㎞ 281万円