ダイハツ ウェイクの売り方

現在のダイハツ ウェイクとは

完璧なBOX型のスタイルで、アイポイントが高いので運転もしやすいウェイク。インパネ・シート・ラゲージなど自分の好みや使い道でアレンジできるので、ファミリーにもアウトドア好きの単身者にも人気があります。インパネは収納豊富で隙間や空間を最大限に使っています。メータパネルは中央。助手席のシートを畳むとバックテーブルになったり、後席をフラットにして荷物をたくさん積めたり。全席をフラットにもできますが、前のシートを倒して後席から足の伸ばせるくつろぎシートにもアレンジできます。最近はスポーツ自転車を積んでサイクリングに出かける方も多いですが、助手席側をフラットにすれば自転車を積むこともできます。大型ミニバンは購入するのが難しくても、レジャーの相棒に一役買う車です。

おススメのグレードはスマアシもついたG「SA」です。落ち着いたオリジナリティが高い配色で11色。他にグレードはX「SA」、L「SA」などです。燃費はミライースほどではありませんが、2WDで23.8km/Lと優秀です。

 

過去のウェイク主要モデル

室内高が高く、レジャーに適したトールワゴン軽自動車ウェイク。ベースは2013年東京モーターショーで出品された「DECA DECA」ですが、ドアや前高などの違いがあります。比較的新しい車種のウェイクは、初代発売が2014年からです。NA車はグレード「D」「L」で、ターボ車グレードは「X」「G」になります。スマートアシスト(スマアシ)が付くグレードには「SA」が付きます。BOX型というのがタントを思わせますが、両側スライドドアはミラクルオープンではありません。特別仕様車は2015年発売の「XモンベルバージョンSA」「X波伝説バージョンSA」「FINEセレクションSA」です。さすがにレジャー向けとあって、アウトドア用品メーカーのモンベルと共同開発したモンベルバージョン、サーファー向けの波伝説となっています。「FINEセレクションSA」は「L・SA」「X・SA」をベースにモンベルバージョンと波伝説同様純正のフードガーニッシュダブルパックを特別装備しています。装備は充実していますが、価格は極力抑えたかたちになっています。CMなどで強調されているのは、収納力ですね。レジャーにはあれもこれも積みたいなどということが多いのでアピールされています。クルマの名前の由来は「タントの上を行く」というコンセプトです。上を行く→うえいく→ウェイクという一説、英語で目覚めるというところから来ているという説もあります。

 

年式別査定額の例

査定時期 年式 グレード・色 走行距離 査定価格
2016年2月 2014年 L・SAホワイトパール 0~1万km 108万2千円
2016年1月 2015年 L・ホワイトパール 0~1万km 110万9千円
2016年1月 2015年 XモンベルバージョンSA ホワイトパール 0~1万km 141万4千円
2015年12月 2015年 G・SAホワイトパール 0~1万km 141万4千円