トヨタ ノアの売り方

現在のトヨタ ノアとは

タウンエースノアの後継車として登場したノアは、ファミリーカーとして根強い人気を博しています。バルブマチックエンジンが搭載されてパワフルで低燃費。7~8人乗りです。現在のモデルでおススメなグレードはハイブリッドの「Si」です。燃費は23.8km/L。旧型のノアが13.6km/Lと考えると、飛躍していますね。格好良いエアロパーツに専用鍛造アルミホイールで精悍で力強い印象です。もちろん安全面も衝突回避支援パッケージなどでサポートしています。ノアといえばファミリーカーの王道ですから、小さい子供や高齢者のいる家族に優しい低床フロアで乗り降りが楽です。車内の空間は広くミニバンとしては広さランキング上位でしょう。シートアレンジが豊富で、家族の多様性に答えてくれます。またこの器用で心地良い車内工夫はトヨタならではでしょう。グレードは他にハイブリッド「G」「X」、ガソリンエンジンは「Si」「G」「X」「X Vパッケージ」です。ちなみにガソリン車のSiは燃費が16.0km/Lになります。

 

過去のノア主要モデル

初代ノアは2001年タウンエースノアの後継車として発売されました。2002年には特別仕様車Xナビスペシャルを発売し、2003年には特別仕様車Xエルセオエディションを発売しています。2004年にはマイナーチェンジをし、2列5人乗りグレードYYを追加しています。2005年特別仕様はXリミテッドを発売、2006年には特別仕様車Xスペシャルエディションを発売して初代を終了しています。2代目は2007年から2014年の販売です。フルモデルチェンジをし、バルブマチックエンジンを搭載したグレードSiが燃費向上もあり人気になります。2008年には特別仕様車S Gエディションを発売し、2009年にはXスマートエディションも発売。2010年にはグレードSiのみだったバルブマチックエンジンを全グレードに搭載しました。2011年にはトヨタカローラ店チャネル創立50周年記念特別仕様車Siレイッシュを、2012年はX Gエディションを発売しました。3代目はフルモデルチェンジをし、箱型デザインが強調されたスタイルになっています。2015年には特別仕様車Xデライトプラスも発売しています。小さなスリキズを事故修復するクリア塗装セルフリストアリングコートも全てのボディカラーに採用しています。

 

年式別査定額の例

ファミリーカーとして根強い人気のノア。燃費が良いバルブマチックエンジン搭載車が人気があります。

 

査定時期 年式 グレード・色 走行距離 査定価格
2016年1月 2014年 X・シルバー 1~2万km 114万3千円
2016年1月 2013年 XGエディション・ホワイトパール 3~4万km 153万7千円
2016年1月 2013年 XGエディション・ブラック 3~4万km 143万9千円
2016年1月 2009年 Si・ホワイトパール 14~15万km 53万8千円