トヨタ プリウスの下取り価格・買取価格の現状は?

現在のトヨタ プリウスとは

低重心パッケージで気持ちよく走ることができる新しいプリウスは、燃費断トツの40.8km/L。経済的な面だけでなく、車体の骨格から見直したフォルムはスッキリとした魅力で安全性もUPになっています。イメージ的には燃料電池車のMIRAIに似ているかもしれませんね。初代のプリウスがハイブリッドだったゆえに売れなかったのに比べ、現プリウスは「ハイブリッドだから」売れるのです。他メーカーもハイブリッドを打ち出してきた今、燃費がよければ良いというだけのプリウスは卒業して内外装とも進化しいます。主要グレードは2WDの「Aプレミアム」で燃費が37.2 km/L。2WDは「Sツーリングセレクション」で燃費37.2 km/L。シンプルなグレードEは燃費40.8 km/L。他にグレードA、グレードSがあります。これまでの運転性の使いづらさもかなり解消されているようです。

 

過去のプリウス主要モデル

プリウスはトヨタが1997年に製造発売開始した、日本が誇る世界初の量産ハイブリッドです。現在は世界93カ国で販売されていますが、どの国でもプリウスで通っています。実は1995年のモーターショーに登場していて、エコ的なイメージで紹介されていますが、デザインは今と大きく違っています。初代プリウスはそのデザインよりも少し丸みを帯びて登場。歴代セリカのデザインを手がけているCALTYが担当しています。当時のセダンタイプとしては珍しいタイプです。2代目は2003~2011年に販売していました。初代の4ドアセダンからワンモーションスタイル5ドアハッチバックへ変更され、現在のプリウスの代名詞といわれる形ができあがりました。国外でも活躍するプリウスはその需要のため大型化して小型乗用車からミドルクラスになり日本では3ナンバーになります。グレードはSとGをベースにしています。3代目モデルが登場と共に新しいグレードのEXが発売され、2009年~生産終了までこのグレードのみが販売されています。

3代目プリウスは「プリウスZVW30」です。リース仕様はPHV(プラグイン・ハイブリッド)。2012年には震災後の需要で100V1500WのAC電源もオプションで選択できるようになりました。ガソリンスタンドも被災した東北に入るには、震災直後はプリウスしかなかったといわれています。グレードはL・S・G・ツーリングセレクション・特別仕様車はLEDエディション・MYCOORDE(マイコーデ)・GSPORT(G’s) などが国内であります。

 

年式別査定額の例

初代の頃はまだまだハイブリッドとして性能は完成度がイマイチでしたが、2代目からはグッと安定してきて需要も多くなりました。こうなると2代目の買取価格はよくなってきました。現在はハイブリッド市場に参入してくる各メーカーもあり、安定的な需要バランスが見込めるかというとそうではないようです。2代目なら高く売れるというものではないのが注意のしどころです。

ここでは色としては人気のあるホワイトパールに絞ってみましょう。

査定時期 年式 グレード 走行距離 査定価格
2016年3月 2003年 プリウスS 14~02万km 19万2千円
2016年3月 2008年 プリウスS10thアニバーサリーエディション 7~8万km 29万8千円
2016年3月 2008年 プリウスS10thアニバーサリーエディション 6~7万km 48万2千円
2016年3月 2012年 プリウスSツーリングセレクションGs 3~4万km 152万7千円