下取りのメリット・デメリット

下取りとは?

新車をディーラーで購入しようとすると「現在のお車を下取りに出されますか?」など聞かれることでしょう。現在の車から新車へ乗り換えるということです。現在の車をディーラーに売却してもらうことで、その分の金額を新車の支払い金額から引いてもらうということになります。現在の車を手間無く処分できて、新しい車の資金もできるというのが「下取り」なのです。では、下取りはメリットだけでしょうか?デメリットはないのでしょうか。現在の車の売却、自分の都合や希望に合うようにメリットデメリットを把握しておきましょう。

 

下取りのメリット

何しろ「新車を購入してくれるお客さんの車だから」という点がディーラーの中にあるので、年式が古くても、買取店で拒否した車でも下取りしてくれます。つまり、他では買取してもらえないような事故車や修復歴車でも頼みやすいという、買い取ってくれる他を探して回らなくていいという楽さがあります。更に、売却に手間がかからないというところが最大のメリットでしょう。書類上用意しなくてはいけないものはありますが、新しい車が来るまで普通に乗っていられ、新車が来たら乗り換えればよいというだけです。買取店で売却した場合は、新車納車の日付とズレが生じる場合もあるので、車の入れ替えのタイミングを計らなければいけません。が、下取りであれば、新車購入と古い車売却を一度にできるのでとても楽です。万が一納車が遅れても代車を貸してくれたりすることも。毎回同じディーラーや販売店で買い替えや売却をしていれば、営業マンなどとも親しくなったり信頼関係ができてきます。だんだん売買もスムーズにお得になっていくことでしょう

 

下取りのデメリット

買取店で査定ゼロでも、下取り価格をディーラーが出してくれた!と喜ぶのは良いのですが、その代わり新車の値引きが下げられてしまうかもしれません。ここは査定額に喜ぶ前に値引きとトータルで冷静に判断するべきでしょう。つまり、全然得していないという最終結果になりかねないということなのです。また、査定も他社のメーカーや外車などの販売ルートが別なものは低い査定であったり、正しい査定でない場合があります。せっかくの良い車でも、お洒落な外車でも、残念な結果になってしまうことがあるのです。車好きの型などは追加でパーツを付けたり、ドレスアップしたりもするでしょう。カーナビなども社外品のものも自分で選んで付けたりしますね。しかしディーラー査定での下取りだと、これらは評価があまりされません。お金をかけてアップしても期待通りにはいかないものです。オークションなどだったら「人気がある装備だし、きっともっと需要があって高くなるのに」と思うことも。一応「もうちょっと下取りなんとかならない?」と価格交渉の余地はあるものの、ほとんどは低い査定の設定の価格に納得する他ないのが現実です。